Posted by at

2008年07月17日

パート3

こんばんわ!

この物語も、今日で完結です。読んでくださった方ありがとうございました。

では・・

そして、12月の独立リーグの合同トライアウト。。
人の多さにビックリしました。でも、みんなうまいんかなー。。って。

本当に緊張でした(笑)

自分は、現役高校生の子をつれて二人で行った分、緊張は半減しましたが。

最初に50メートル走。

足には自信ありません。
タイムは6秒4・・・ありえない。こんなタイムが出るわけがない(汗)速すぎる。。

結果オーライ。

次は遠投。遠くに投げるのは自信がありません(笑)

でも、短い距離なら低い球を投げる自信はありました。

一球目。低い弾道で投げた球は。「おー」って声が聞こえました。自信あるからねー。。

二球目。高い球を投げて、86メートル。やっぱり、そこが限界でした。肩は強くはないのですが、リストには自信あります。

その後、ノック、バッティングの流れで、投手はバッティングの間にピッチング。それを捕りました。さすがに、いい投手おらんやろーなー・・。所が。中江。。こいつはスゲーと。いい球投げてきました。

そこで、西村タクとの出会いもありました。

一次テストの結果・・合格。

2日目。

自分と行っていた、もう一人も見事に一次突破し、仲良くなった、西村タクと三人で会場へ。

半分ぐらいになった中、試合形式。。もう、試合から離れて(番組のイベントは一年前?)心配もありました。二打席回ってきて。一打席目にセンター前。二打席目、見逃し三振!!
守りでも、盗塁2つ許して。。香川の監督の西田さんから「肩は強いけど、試合のしの字もない」と。言われました。はっきり覚えています(笑)

そして、結果をパソコンでチェック・・。不合格。。
そんなんであきらめません。なんせ、あんなに沢山いる中で一人だけみられるわけないと言い聞かせました。
実際は悔しくて、泣きそうだったんですが(笑)

そして、2ヶ月。バイトも辞め、野球だけをやっていました。

福岡の球団事務所に電話をして、「トライアウトを受けさせてもらえませんか?」
オッケーをもらい、一人で受けにいきました。

そして、約1週間。練習に参加させていただき。

最終日の前の日「球団事務所に明日来てもらえますか?」

次の日、契約出来ました。
こんな感じです。やっぱり何事もトライが必要ですね。少しの勇気で人生変えれるんやって。。

だからこそ、今が幸せです。
昔の自分だったら、合同トライアウト落ちて、野球を辞めていたはずです。

合格した時に、本当にうれしくて、泣きそうでした(笑)今度はうれし泣きです。泣いてないですよ。

以上!!福岡レッドワーブラーズに入るまでの人生です!!

こんなん自分でも、まだまだプロで活躍するって言う目標を目指してやってます!周りから何と言われても、ブランクあるけん無理やろ!って言われても、自分の気持ちは変わりません。誰もやったことがないからこそ、自分が同じような人達、子供達に夢を与えられるようになりたいんです!!そして、どんなに有名になっても、もしプロの夢叶わなくても、「感謝」これだけは忘れません。感謝の気持ちがあれば、誰でも優しくいられると思うし。

みんな頑張ってるんで、これからも応援お願いします!!

長すぎました。すいません。

では、おやすみなさい!!
  


Posted by S.Urino at 23:24Comments(18)